普通のコインが実は高くなることがある

普段から10円玉や50円玉を使っているでしょう。それが思わぬ高値が付くことがあります。そのまま使えば額面通りの金額でしかありません。実は、コインはその年によって発行される量が全然違います。どの年も同じ量を発行しているわけではないので、発行した枚数が少なかった年のコインは高値が付くことがあります。エラーコインと言われる穴がずれていたりなかったりする50円玉も高くはなりますが、昭和62年は500円玉の発行枚数が少なかったので高くなります。昭和64年のほうが高くなるように思われがちですが、昭和62年のほうが高く買い取ってもらえるはずです。他にも発行枚数が少なかった年がありますので、古銭買取で訪ねてみるのも良いかもしれません。財布の中に入っているコインが高くなる可能性があることは、あまり多くの人に知られていません。普通に流通されていると貴重だとは思わないでしょうけれども、実は貴重なコインがその中にはありますのでよく確認してみませんか。

お持ちのコレクション品を古銭買取で高く売りませんか?
手間なくスピーディーに買取業者が査定致します